Uncategorized

Uncategorized

自衛隊用語集

アクセス権  陸自指揮システム等に対して、システムヘの加入、データの入力、検索、更 新、出力等を行うことが可能な権利のことをいう。  アクセス権は、ファイルの漏えい・改ざん、システムの破壊等の不正使用の 防止を考慮して設 […]

Uncategorized

借地借家法の概要(借地権と借家権)

借地借家法とは、土地や建物の貸し借りに際して、一般的に弱い立場になりがちな借主を保護する目的で定められた法律である。 以前は「借地法」と「借家法」という2つの法律(旧法)でしたが、それに代わって平成4年8月1日に「借地借 […]

Uncategorized

供託法2

弁済供託 契約上の金銭債務について債務者が弁済供託をした後に、被供託者の意思表示により当該契約が解除された場合には、供託者は、供託原因消滅を理由として供託金を取り戻すことができる。(供託規22条2項3号) 金銭債権の一部 […]

Uncategorized

供託法 その1

●供託物の保管替えとは、営業保証供託において、営業者が供託後にその営業所、又は住所を移転し、管轄供託所に変更を生じた場合において、供託物が「金銭」であることを条件として、供託所の内部手続きによりその供託金を、新営業所また […]

Uncategorized

共同正犯、身分犯、教唆犯 

●共犯は,正犯に従属して成立するものであるから,殺人教唆罪(刑199条・刑61条1項)が成立するためには,被教唆者の実行の着手を要する。(共犯従属性説,大判大4.2.16,大判大12.7.12)。従って、犯意のない他人を […]

Uncategorized

敷金に関する判例をまとめ

〇家屋明渡債務は敷金返還との関係では先履行義務であるから、敷金返還義務と家屋明渡義務とは同時履行の関係に立たない(最判昭49.9.2)。 ⇒家屋を明け渡した後に、初めて敷金返還請求権が発生する。 〇賃貸借契約存続中は、賃 […]

Uncategorized

損益相殺

【損益相殺の意義】一方で損害を受けながら、他方において、支出すべき費用の出費を免れたというように、同一の原因によって利益を受けている場合に、衡平の見地から、この利益を損害額から控除して損害額を算定することを損益相殺といい […]

Uncategorized

抵当権の準共の場合の弁済の按分

Xは、Aに対して3個の金銭債権(a、b、c)を有し、これらを担保するため一つの抵当権の設定を受け、またYは、a債権のみについて連帯保証をしていた。その後Yがa債権の全額を代位弁済し、抵当権はXとYの準共有となった。Aが会 […]

Uncategorized

民法 物権 共有

共有者の一人が,管理費用の立替債権など共有物に関して有する債権は,共有持分の特定承継人に対しても行うことができる(254条)。   従って、ABCが3分の1ずつの持分割合で共有する建物について,AがCに管理費用 […]

Uncategorized

不動産登記法解説

 判決に基づく所有権移転の登記を申請する場合には,登記義務者の登記識別情報を記載した書面,印鑑証明書の添付を要しない。しかし、登記名義人(登記権利者)となる者の住所証明情報を添付情報として提供する必要がある(不 […]

Uncategorized

司法書士 H13-16 売主等の担保責任

〇民法561条には「前条の場合(他人の権利を売買の目的にした場合)において、売主がその売却した権利を取得して買主に移転することができないときは、買主は、契約の解除をすることができる。この場合において、契約の時においてその […]

Uncategorized

公開会社って?

さて、会社の設立手続きに関してお話していたと思います。少し話は反れますが、前回の最後にこんな話をしたと思います。 「公開会社の場合、発行済み株式総数は発行可能株式総数の四分の一を下回ってはいけない。」これはこれで重要なん […]

Uncategorized

会社法③(出資)

さて、会社法の設立手続きに関して、書いてきましたが、ここでもう一度、設立手続きの流れを確認しましょう 発起設立の流れ ①定款作成②定款の認証③出資の履行④設立時役員等の選任及び解任⑤設立時取締役等による調査⑥設立登記 募 […]

Uncategorized

発起設立と募集設立(会社法)

さて、今日から始まりました入門法律講座第一回目は会社法から入ります。これから暫くは会社法を解説していきますよ さて今日のテーマとなります発起設立と募集設立ですが、これは結局株式会社を設立する時の話になります。それでは、順 […]